血液検査(腫瘍マーカー)のご案内

体内にがんができると特殊な物質が血液中などに異常増加することがあり、これを腫瘍マーカーと呼びます。 これを測定することががんを発見する手助けとなります。 ただし、良性の疾患でも腫瘍マーカーが高値になることもあり、またどの臓器の病気かを特定できないこともあります。 早期のがんの場合、腫瘍マーカーの反応が弱く、異常値にならないこともありますし、また腫瘍マーカーをあまり増加させないがんもあります。 従って腫瘍マーカーが正常範囲であってもがんが存在しないということにはなりません。 また異常値であっても血液検査だけでがんの診断はできませんので、他の検査(レントゲン、超音波、CTスキャン、尿、便、内視鏡検査など) と併せて、総合的にみることが必要になります。腫瘍マーカーは以下をご用意しています。


CEA <消化器系がん>

大腸、胃、肝臓などの消化器系がんで高値を示します。

AFP <肝細胞がん・肝疾患>

肝臓がんで高値を示します。がん以外の肝臓疾患などでも高値を示します。

CA19-9 <膵臓・胆嚢・胆管がん>

消化器系がんの中でも膵臓がんで高値を示します。膵臓、胆道で高い陽性率を示すほか、胃がん、大腸がん、肝臓がんなどの消化器系がんでも高値を示します。

SCC抗原 <肺・子宮・食道などの扁平上皮がん>

扁平上皮がんで高値を示します。肺や子宮頸部の扁平上皮がんのほか、食道の扁平上皮がんでも高値を示します。

SLX <肺・消化器系・乳房・卵巣がんなどの腺がん>

肺がん、消化器系がん、乳がん、卵巣がんなど、腺がんを主とした広範ながんで増加し、非がん疾患での偽陽性率が低く、がん特異性の比較的高いのが特徴です。

PSA <前立腺がん> (男性のみ)

前立腺に特異的に見られる腫瘍マーカーで、前立腺がん、前立腺肥大症で高値を示します。前立腺がんは日本で近年急増したがんの1つです。
※50歳以上の方に有効な検査です。

CA125 <卵巣がん> (女性のみ)

卵巣がんで高値を示します。子宮内膜症、子宮筋腫、妊娠、子宮体がんでも高値を示します。

CA15-3 <乳がん> (女性のみ)

乳がんで高値を示します。ほかに卵巣がん、子宮がん、肺がんでも高値を示します。

オプション検査料金表

前のページに戻る ページ上部に戻る


Copyrright 2010 フィオーレ健診クリニック
ホームページ制作/Webシステム開発のStudio FIX Inc.