超音波検査のご案内

骨密度

骨のカルシウム量(骨量)を測り、骨密度を測定します。骨の加齢により骨がもろくなり骨折しやすくなる骨粗しょう症を診断する助けになります。検査は踵骨(かかとの骨)に超音波をあてて骨量を測定します。

腹部超音波検査

腹部に超音波をあて、肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓の状態を調べます。脂肪肝・肝のう胞・胆石症・胆のうポリープ・腎結石・腎のう胞などが診断できます。また、それぞれの臓器のがんの早期発見にも有用です。

甲状腺超音波検査

甲状腺に超音波をあて、大きさや形、内部の腫瘍の有無を調べます。甲状腺機能検査と併せて、家族に甲状腺疾患がある方におすすめします。

乳房超音波検査

超音波を乳房にあて、乳腺や乳管の状態や小さな腫瘤の有無を調べます。乳がんの早期発見に役立ちます。妊娠中や授乳中でも受診できる検査です。検査は女性の臨床検査技師が対応します。
乳房検査(乳がん検査)のご案内も参照ください。

子宮卵巣(経膣)超音波検査

膣から超音波検査の細いプローブを入れ、画像診断を行い、子宮がん・卵巣がん・子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜ポリープ・子宮腺筋症などを観察することができます。
婦人科検査のご案内(子宮卵巣(経膣)超音波検査)も参照ください。

オプション検査料金表

前のページに戻る ページ上部に戻る


Copyrright 2010 フィオーレ健診クリニック
ホームページ制作/Webシステム開発のStudio FIX Inc.