乳房検査(乳がん検査)のご案内

乳房超音波検査・マンモグラフィ検査で乳ガンの早期発見を

乳がん等、乳房疾患の早期発見のためにオプション検査をお勧めしています。

※注意事項がありますのでこちらをご確認ください。

乳房超音波検査

検査は女性の臨床検査技師が対応します。
乳房超音波検査は、乳房に超音波を当て、乳房内部の腫瘍やのう胞の有無、乳管の変化などを調べる検査です。近年乳がんの増加傾向が見られます。問診や視診、触診に加えてお受け下さい。

乳房超音波検査って何?

超音波を乳房に当て組織を画像化し、乳房内部を検査します。
痛みや人体への影響の少ない検査です。

どんなふうに検査するの?

上半身は裸になってもらいます。乳房に超音波の伝わりを良くするゼリーをぬり、超音波をだす器具(プローブ)を当てて、画像を画面に映し検査します。

何がわかるの?

小さな腫瘤を見つける事が出来ます(写真1、2)。また、乳腺や乳管の状態もわかります。 【写真】乳がん検査結果の写真

マンモグラフィと乳房超音波検査どっちを受ければよいの?

マンモグラフィと乳房超音波検査では見えてくるものが違います。 マンモグラフィは石灰化を作るがんに対して非常に有効です。 一方、乳房超音波検査はしこりを作るがんに対して有効です。 両方お受けいただくのが理想ですが、どちらか一方をお受けいただく場合は年齢を目安としてください。 若い方は一般的に乳腺が多いため乳房超音波検査が向いています。 当健診クリニックでは、目安として以下のようにお勧めしています。
・40歳未満の方 … 乳房超音波検査
・40歳代の方 … 毎年交互にマンモグラフィと乳房超音波検査
・50歳以降の方 … 年に一度マンモグラフィと乳房超音波検査

ページ上部に戻る

マンモグラフィ(乳房X線検査)

検査は女性のマンモグラフィ認定技師が対応します。

マンモグラフィ(乳房X線検査)は、乳房を専用の装置ではさみ、平らに押さえて撮影します。 これにより触診では見つかりにくい小さなしこりや、微小な石灰化の有無を調べます。検査は女性のマンモグラフィ認定技師がおこないます。

マンモグラフィって何?

【写真】乳がん検査撮影装置 乳房X線撮影のことです。 乳房はやわらかい組織で構成されているため、乳房専用の撮影装置を使って撮影します。

どんなふうに撮影するの?

乳房をはさんで、平らにして撮影します。痛みを感じる方もいますが、 平らに押さえることで、写真の質が向上し、また被ばく線量も減少します。
【イラスト】乳ガン検査の方法


何がわかるの?

視触診では見つかりにくい小さなしこり(写真1)や、
微小な石灰化(写真2)を見つけることができます。
【写真】乳がん検査結果の写真

放射線被ばくは大丈夫?

X線検査ですので放射線被ばくはありますが、乳房だけの部分的なものです。1年に1回程度の検査で、健康に影響が出ることはありません。

腫瘍マーカー

乳がんなどの腫瘍マーカーは以下をご用意しています。
血液検査(腫瘍マーカー)のご案内も参照ください。

SLX
肺がん、消化器系がん、乳がん、卵巣がんなど、腺がんを主とした広範ながんで増加し、非がん疾患での偽陽性率が低く、がん特異性の比較的高いのが特徴です。

CA15-3
乳がんで高値を示します。ほかに卵巣がん、子宮がん、肺がんでも高値を示します。

オプション検査料金表

前のページに戻る ページ上部に戻る


Copyrright 2010 フィオーレ健診クリニック
ホームページ制作/Webシステム開発のStudio FIX Inc.